地域に合った住宅建設とは

外観

京都の宇治市で人気の注文住宅を建てる工務店は、まず土地の特徴を掴むことから始めます。家というものは、同じ設計のものをどこでも同じように建てることができるわけではありません。その土地に合った設計というものがあることを知っておく必要があります。周囲の環境や風の通り、日当たりなど様々な条件を考慮して設計するわけです。さらには住む人のライフスタイルを考えて、その生活動線や荷物の多さなども加味して部屋の間取りや収納の位置、大きさなどを考えることになります。収納も単に広く確保すれば良いわけではなく、荷物が不必要に増えないようにするなどの工夫も必要になります。また宇治市という地域性も考慮して設計することが注文住宅には必要です。

宇治市で建設される注文住宅の特徴は、奈良が生産地の吉野杉などを活用した自然素材の家が多く見られます。これはカビなどに強くなるように、自然乾燥させていないのが特徴です。宇治市は湿気が多いので、乾燥にも工夫された材料を使うことで対応しているわけです。このように仕様する材料を工夫できるのも注文住宅の特徴です。さらに宇治市の工務店の職人は高い技術を持っていることが自慢です。昔からの大工の腕前には定評がある宇治市の工務店では、材料の加工も機械を使ってカットするわけではなく、木の癖を読んで一枚ずつ手で加工しています。大量生産するハウスメーカーとは大きく異なる建て方ですが、古民家のように非常に長持ちする家を建てています。

おすすめ関連サイト集

  • 優良注文住宅ガイド

    宇治市の注文住宅業者について知りたいならこちら。腕の高い職人が揃っているところばかりなので、思い描いていたとおりにしてくれます。